【福岡】SNOOPY JAPANESQUE スヌーピー×日本の匠 展

※情報は変更等がございますので、お出かけ前に必ず公式サイトなどでご確認ください

★開催日・期間
2014年10月22日(水)〜2014年11月03日(月)
★開催場所・会場
福岡三越(福岡県福岡市中央区天神2-1-1)
【福岡】SNOOPY JAPANESQUE スヌーピー×日本の匠 展
終了芸術・デザイン

 60年以上のわたり世界中の人々に愛され続けているスヌーピー。アメリカの新聞で連載されたコミック「ピーナッツ」から飛び出して、主人公のチャーリー・ブラウンとスヌーピーたちは日本でも人気者です。この展覧会は、「スヌーピー」と「日本の匠たち」がコラボレーションする初めての展覧会です。仕掛人は、作者シュルツ氏と深く親交があった日本人アーティスト・大谷芳照「YOSHI」。1993年からスヌーピータウンショップの空間デザインを担当し、シュルツ氏がYOSHIのモーフィングペーパーアートを見て「天才」と絶賛。その後、サンタローザにあるシュルツ・ミュージアム建設プロジェクトにも参加し、象徴的な作品をおさめるなどピーナッツに深くかかわっています。本展では、大谷さんが日本各地の漆器、ガラス切子、友禅、陶磁器、真珠など伝統的工芸作家40名以上に声を掛けて誕生した新しい日本のスヌーピーたちが登場。さらに大谷さんによる漢字にスヌーピーをあしらった墨絵アートや切り絵など、日本初公開の作品などを展示いたします。日本の技と美に出会った新しいスヌーピーをお楽しみください。

出典 sj.snoopy.co.jp

開催地 福岡三越(福岡県福岡市中央区天神2-1-1)
開催期間 2014年10月22日(水)〜2014年11月03日(月)
お問い合わせ先 076-220-2800
ホームページ http://sj.snoopy.co.jp/

情報更新日:14/07/28

スヌーピーSnoopy)は、アメリカの漫画家、チャールズ・モンロー・シュルツが1950年から書き始めた漫画『ピーナッツ』に登場するビーグル犬。性別はオス。作品の主人公チャーリー・ブラウン少年の飼い犬である。趣味は変装、スポーツ、小説の執筆など多岐にわたる。

生まれた場所はデイジーヒル子犬園で、8匹兄弟の1匹。誕生秘話を語るアニメ作品もある。漫画への初登場は、連載開始から2日後の1950年10月4日のことである。

世界的に知られるキャラクターであり、その愛らしさから日本でも人気が高い。日本においては、スヌーピーという名前自体が漫画『ピーナッツ』を指す代名詞となっている。

名前のSnoopyは、snoop(うろうろ嗅ぎ回る、詮索する)から来ている。

キャラクター

概要

...

「スヌーピー」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』
2014年6月21日13:39 UTC
http://ja.wikipedia.org/wiki/スヌーピー

福岡の1ヶ月以内に開催されるイベント情報

イベント一覧
Ad

福岡のイベント情報を検索!

★イベントを探したい日付をクリックしてください!

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
PAGE TOP