特別展 藤田嗣治 どうぶつものがたり

※情報は変更等がございますので、お出かけ前に必ず公式サイトなどでご確認ください

★開催日・期間
2014年09月20日(土)〜2014年11月04日(火)
★開催場所・会場
秋田県立美術館(秋田県秋田市中通1丁目4-2)
特別展 藤田嗣治 どうぶつものがたり

画像はイメージです

出典 www.amazon.co.jp

終了芸術・デザイン

「サイン代わりに猫を描くことがある」という藤田嗣治。藤田作品の中の動物に着目しながら、その画業を辿ります。
藤田は1920年代のパリで、透明感溢れる裸婦像で画家としての地位を確立しました。パリで脚光を浴びた頃、藤田は猫を飼い始めたといいます。その愛猫が、裸婦像をはじめ、自画像などに登場するようになります。女性の肌の質感表現に意を注いだ藤田にとって、猫のしなやかな毛や柔らかな体の感触も、創作意欲を掻き立てるものだったと思われます。乳白色の下地と繊細な線描は、猫を描くことにも適していたのです。
1930年代に入ると、藤田の画風は変容し、リアルな表現が追求されます。裸婦像や自画像が、時に藤田の置かれた状況を暗示することもありました。そのような画面では、動物が特別な意味を持って登場します。藤田はまた、油彩、水彩、墨画などの技法を問わず、動物の命そのものを表現しようとした画家でもありました。猫、犬、馬など、さまざまな動物を主題に、その生命力と躍動感を描き出しています。
本展では、1919年の詩集の挿絵から1960年頃の聖書を主題とした版画まで、動物が登場する藤田作品を展観します。優れた観察力と描写力によって描かれた動物のしぐさや表情を楽しみながら、動物たちがささやく藤田の物語に心を傾けていただければ幸いです。

出典 common3.pref.akita.lg.jp

開催地 秋田県立美術館(秋田県秋田市中通1丁目4-2)
開催期間 2014年09月20日(土)〜2014年11月04日(火)
料金 一般 800円 大学生 500円 シニア 720円(70歳以上) 高校生以下無料
ホームページ http://common3.pref.akita.lg.jp/art-museum/event/show_detail.php?serial_no=87
備考 2014年9月20日(土) から 2014年11月4日(火)
関連URL http://www.pic-hiranofound.jp/exhibition_next.html

情報更新日:14/09/16

藤田 嗣治(ふじた つぐはる、1886年11月27日 – 1968年1月29日)は日本生まれの画家・彫刻家。戦前よりフランスのパリで活動、猫と女を得意な画題とし、日本画の技法を油彩画に取り入れつつ、独自の「乳白色の肌」とよばれた裸婦像などは西洋画壇の絶賛を浴びたエコール・ド・パリの代表的な画家である。フランスに帰化後の洗礼名はレオナール・フジタ(Léonard Foujita)。

生涯

家柄

1886年(明治19年)、東京市牛込区(現在の東京都新宿区)新小川町の医者の家に4人兄弟の末っ子として生まれた。父・藤田嗣章(つぐあきら)は、陸軍軍医として台湾や朝鮮などの外地衛生行政に携り、森鴎外の後任として最高位の陸軍軍医総監(中将相当)にまで昇進した人物。兄・嗣雄(法制学者・上智大学教授)の義父は

...

「藤田嗣治」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』
2014年9月14日04:07 UTC
http://ja.wikipedia.org/wiki/藤田嗣治

秋田の1ヶ月以内に開催されるイベント情報

イベント一覧
Ad

秋田のイベント情報を検索!

★イベントを探したい日付をクリックしてください!

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
PAGE TOP