「黒田官兵衛博覧会」秀吉に天下を取らせた男 黒田官兵衛

※情報は変更等がございますので、お出かけ前に必ず公式サイトなどでご確認ください

★開催日・期間
2014年01月19日(日)〜2014年12月28日(日)
★開催場所・会場
大河ドラマ館・歴史館
「黒田官兵衛博覧会」秀吉に天下を取らせた男 黒田官兵衛
終了その他のイベント

ー秀吉に天下を取らせた軍師・官兵衛ー
北近江・長浜は、官兵衛の源流(ふるさと)であり、戦国武将が志を胸に時代(とき)を駆け抜けた夢の足跡が数多く残っています。
黒田官兵衛博覧会は、この長浜の、歴史ドラマと史跡を語り部がご案内する戦国野外博物館です。
戦国の聖地・北近江で戦国浪漫を存分に感じてください。

出典 kitabiwako.jp

開催地 大河ドラマ館・歴史館
開催期間 2014年01月19日(日)〜2014年12月28日(日)
料金 【大河ドラマ館(戦国大河きのもと館)】 大人300円、小中学生・幼児は無料 【歴史館(長浜城歴史博物館)】 大人400円、小中学生200円、幼児無料 ※どちらの会場も団体料金あり
ホームページ http://kitabiwako.jp/kanbee/

情報更新日:14/04/16

黒田 孝高(くろだ よしたか)は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将・大名。

諱(実名)は初め孝隆(読み同じ)、のち孝高といったが、一般には通称をとった黒田 官兵衛(くろだ かんべえ)、あるいは出家後の号をとった黒田 如水(くろだ じょすい)として広く知られる。

豊臣秀吉の側近として仕え、調略や他大名との交渉などに活躍した。竹中重治(半兵衛)と双璧をなす秀吉の参謀であり、後世「両兵衛」「二兵衛」と並び称された。

また、キリシタン大名でもあった。子に黒田長政がいる。

孝高に関する話は、ルイス・フロイスなどの宣教師、菩提寺の崇福寺住職景轍玄蘇といった直接面識のあった人物の記述の他、『川角太閤記』(川角三郎右衛門著、江戸時代初期)、『名将言行録』(岡谷繁実著、1869年)、『黒田如水伝』(金子堅太郎著、1916年)などによる、伝聞を記述された物も多く知られる。例えば備中高松城水攻めと中国大返しは孝高の献策などといった話は、黒田家の命において寛文11年(1671年)に編纂を開始された『黒田家譜』(貝原益軒著、1688年)以降の逸話である。

「黒田孝高」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』
2014年4月07日16:27 UTC
http://ja.wikipedia.org/wiki/黒田孝高

滋賀の1ヶ月以内に開催されるイベント情報

イベント一覧
Ad

滋賀のイベント情報を検索!

★イベントを探したい日付をクリックしてください!

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
PAGE TOP