特別展 酒井抱一 ―江戸情緒の精華―

※情報は変更等がございますので、お出かけ前に必ず公式サイトなどでご確認ください

★開催日・期間
2014年10月11日(土)〜2014年11月16日(日)
★開催場所・会場
大和文華館(奈良県奈良市学園南1丁目11番6号)
特別展 酒井抱一 ―江戸情緒の精華―
終了芸術・デザイン

江戸文化の成熟した文化・文政期を中心に活躍した酒井抱一は、江戸の多様な関心を鮮やかに掬い取り、趣向を凝らして風雅に装うことに優れていました。都市文化の中で育まれた美意識を、華麗な色彩、優艶な描線といった造形の中に結実させます。抱一の名品を通して、華やかさと繊細な情緒を織り合わせた抱一作品の魅力に迫ります。

出典 www.kintetsu.jp

開催地 大和文華館(奈良県奈良市学園南1丁目11番6号)
開催期間 2014年10月11日(土)〜2014年11月16日(日)
ホームページ http://www.kintetsu.jp/yamato/exhibition/index.html
備考 2014年10/11(土)~11/16(日)

情報更新日:14/09/03

酒井 抱一(さかい ほういつ、 宝暦11年7月1日(1761年8月1日) - 文政11年11月29日(1829年1月4日))は、江戸時代後期の絵師、俳人。 権大僧都。本名は忠因(ただなお)、幼名は善次、通称は栄八、字は暉真(きしん)。ほか、屠牛、狗禅、鶯村、雨華庵、軽挙道人、庭柏子、溟々居、楓窓とも号する。また俳号は、ごく初期は白鳧・濤花、後に杜陵(綾)。狂歌名は、尻焼猿人。屠龍(とりょう)の号は俳諧・狂歌、さらに浮世絵美人画でも用いている

尾形光琳に私淑し琳派の雅な画風を、俳味を取り入れた詩情ある洒脱な画風に翻案し江戸琳派の祖となった。

伝記

生い立ち

神田小川町の姫路藩別邸で、老中や大老にも任じられる名門酒井雅楽頭家、姫路藩主酒井忠仰の次男(第4子)として生まれる。母は大給松平家の出自で松平乗祐の娘里姫

...

「酒井抱一」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』
2014年6月17日09:01 UTC
http://ja.wikipedia.org/wiki/酒井抱一

奈良の1ヶ月以内に開催されるイベント情報

イベント一覧
Ad

奈良のイベント情報を検索!

★イベントを探したい日付をクリックしてください!

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
PAGE TOP