今後開催予定の芸術・デザインイベント一覧 (ページ1/全 141 件)

【福岡】バンクシー展 天才か反逆者か
芸術
[福岡] UNITEDLAB(ユナイテッドラボ)

【福岡】バンクシー展 天才か反逆者か

★2021-07-02(金)〜2021-10-31(日)
2018年からモスクワ、サンクトペテルブルク、マドリード、リスボン、香港の世界5都市を巡回し、100万人以上の人々を熱狂させた展覧会が日本にやってくる! イギリスを拠点に活動し、世界で最も注目されているアーティストの一人、バンクシーの70点以上の作品が初上陸。いったい、彼はアーティストなのかビジネ...
【4/13-18】Curators in Panic
芸術
[兵庫] 横尾忠則現代美術館

【4/13-18】Curators in Panic

★2021-04-13(火)〜2021-04-18(日)
2021年から2022年にかけて国内外で開催予定の横尾忠則の大規模な個展に、当館の横尾作品も引っ張りだこ。喜ばしい反面、約140点もの作品が収蔵庫から消えても果たして企画展は開催できるのか? 学芸員はパニック状態です。 そこで、3名の学芸員が過去に企画した展覧会を振り返り、収蔵品の中からそれぞ...
【4/13-18】特別展 鑑真和上と戒律のあゆみ
芸術
[京都] 京都国立博物館

【4/13-18】特別展 鑑真和上と戒律のあゆみ

★2021-04-13(火)〜2021-04-18(日)
鑑真(がんじん 688~763)は、中国・唐時代の高僧で、律の大家として尊敬を集めました。 しかし、日本での戒律の整備を目指していた聖武天皇の意を受けた日本僧・栄叡(ようえい)、普照(ふしょう)より懇請され、その地位をなげうち、五度の日本への渡航失敗と失明をものともせず、天平勝宝5年(753)、6...
「祈りの周辺」
芸術
[岡山] 倉敷民藝館

「祈りの周辺」

★2020-11-20(金)〜2021-04-18(日)
 このたび倉敷民藝館は、「祈りの周辺」と題した企画展を開催いたします。 民藝品からは、祈りと暮らしの密接な関わりが感じ取られる品々が多数見受けられます。今回は、倉敷民藝館ならではの『祈り』にまつわる所蔵品約200点を一堂に展観します。 見どころ作品は、日本中を遊行し、苦しむ人々を救済しようと一千体以...
【4/14-18】『樹々のある風景』
芸術
[兵庫] 三木美術館

【4/14-18】『樹々のある風景』

★2021-04-14(水)〜2021-04-18(日)
樹々の表情、溢れる生命力を描いた安井曾太郎や梅原龍三郎をはじめとした 近代の画家達の作品をご紹介します。 陶磁器では、中国由来の技法をもとに生まれた作品をご紹介します。 鉄釉陶器の清水卯一や石黒宗麿、三彩の加藤卓男、青磁の中島宏など、 人間国宝の作品を中心にご覧いただけます。
【4/13-18】古代エジプト展 天地創造の神話
芸術
[京都] 京都市美術館

【4/13-18】古代エジプト展 天地創造の神話

★2021-04-13(火)〜2021-04-18(日)
ロンドンの大英博物館、パリのルーブル美術館などと並ぶ世界有数の総合博物館、ベルリン国立博物館群のエジプト博物館のコレクションの中から選りすぐりの約130点を展示します。 古代エジプト人が信じた「天地創造と終焉の物語」をテーマに、「天地創造と神々の世界」「ファラオと宇宙の秩序」「死後の審判」の3章構...
【1/13-17】大佛次郎×ねこ写真展2021
芸術
[神奈川] 大佛次郎記念館

【1/13-17】大佛次郎×ねこ写真展2021

★2021-01-06(水)〜2021-04-18(日)
猫は、生涯のやさしい伴侶であり「私の家に住んだ猫の数は五百匹に余る」と語った作家・大佛次郎。大佛次郎記念館では愛猫家の大佛次郎にちなみ、ねこいっぱいの写真展「大佛次郎×ねこ写真展2021」を2021年1月6日(水)から4月18日(日)まで開催します。
【4/13-18】ピピロッティ・リスト:Your Eye Is My Island
芸術
[京都] 京都国立近代美術館

【4/13-18】ピピロッティ・リスト:Your Eye Is My Island

★2021-04-13(火)〜2021-04-18(日)
スイスを拠点に国際的に活躍する現代アーティスト、ピピロッティ・リスト(1962—)の回顧展を開催します。五感を刺激する心地よい音楽と、鮮やかに彩られた世界をユーモアたっぷりに切り取った映像によるヴィデオ・インスタレーションは、国を越えて幅広い世代の観客を魅了してきました。 本展は、身体、女性、自然...
【4/13-18】大佛次郎×ねこ写真展2021
芸術
[神奈川] 大佛次郎記念館

【4/13-18】大佛次郎×ねこ写真展2021

★2021-04-13(火)〜2021-04-18(日)
猫は、生涯のやさしい伴侶であり「私の家に住んだ猫の数は五百匹に余る」と語った作家・大佛次郎。大佛次郎記念館では愛猫家の大佛次郎にちなみ、ねこいっぱいの写真展「大佛次郎×ねこ写真展2021」を2021年1月6日(水)から4月18日(日)まで開催します。
【4/13-18】『おしいれのぼうけん』展
芸術
[東京] ちひろ美術館・東京

【4/13-18】『おしいれのぼうけん』展

★2021-04-13(火)〜2021-04-18(日)
絵本『おしいれのぼうけん』は、作家と画家と編集者が三位一体で取り組んだ意欲作で、1974年の刊行以来230万部を超えるミリオンセラーとなり、今なお子どもたちからの絶大な人気を誇っています。本展では、2020年に89歳で亡くなった田畑精一の画業を偲び、『おしいれのぼうけん』の絵本原画のほか、日・中・韓...
第32回成田太鼓祭
芸術
[千葉] 成田山新勝寺境内及び成田山表参道

第32回成田太鼓祭

★2021-04-17(土)〜2021-04-18(日)
 関東を中心とした各都県を代表する和太鼓や日本の伝統音楽、伝統舞踊のチームが成田山と表参道を賑やかに盛り上げる日本屈指の太鼓祭です。  各ステージにおける演奏、表参道太鼓パレードの際には、出演者が十分な演奏が出来るような環境作りにご協力くださいますようお願い致します。
【4/13-18】春の江戸絵画まつり
芸術
[東京] 府中市美術館

【4/13-18】春の江戸絵画まつり

★2021-04-13(火)〜2021-04-18(日)
 深く静かな趣をたたえる自然の中の情景、飄逸で洒脱な俳画、そして、どう見ても気色の悪い、いわば苦みを発散する人物画。そのどれもが、与謝蕪村(1716─83)が到達した晩年の画境です。とりわけ自然の情景を描いた作品が絶賛される蕪村ですが、さまざまな作品を見渡せば、個性と深みと面白みにあふれ、まるで絵画...
【4/13-18】ミケル・バルセロ展
芸術
[大阪] 国立国際美術館

【4/13-18】ミケル・バルセロ展

★2021-04-13(火)〜2021-04-18(日)
スペイン現代美術界の巨匠ミケル・バルセロ(1957-)の、日本初となる大規模個展を開催します。地中海の光と影。マジョルカ島の海とアフリカの大地。バルセロは自然が育み、自然から限りなく豊かな着想を得ている稀有な才能の持ち主です。 1982年、現代美術の国際展として名高い、カッセルの「ドクメンタ7...
【4/13-18】植松奎二 みえないものへ、触れる方法 - 直観
芸術
[兵庫] 芦屋市立美術博物館

【4/13-18】植松奎二 みえないものへ、触れる方法 - 直観

★2021-04-13(火)〜2021-04-18(日)
植松奎二(1947-)は、作品を発表しはじめた1969年より現在にいたるまで、彫刻、インスタレーション、写真、映像、パフォーマンスなど、多岐にわたる活動により、一貫して重力、引力といった見えない力の法則から世界の構造・存在・関係をよりあらわにしてきました。自身の身体を用いた空間の存在把握や、人と物体...
【4/15-20】クールベと海 展
芸術
[東京] パナソニック汐留ミュージアム

【4/15-20】クールベと海 展

★2021-04-15(木)〜2021-04-20(火)
19世紀フランスを代表するレアリスムの巨匠ギュスターヴ・クールベ(1819−1877)。あるがままの現実を描くことで、既存の政治や美術制度に敵対的な態度を表明した一方で、故郷フランシュ=コンテ地方の大自然や動物、22歳の時に初めて目にしたノルマンディーの海を繰り返し描き、その鋭い洞察力や高い技術力が...
【4/20-25】Curators in Panic
芸術
[兵庫] 横尾忠則現代美術館

【4/20-25】Curators in Panic

★2021-04-20(火)〜2021-04-25(日)
2021年から2022年にかけて国内外で開催予定の横尾忠則の大規模な個展に、当館の横尾作品も引っ張りだこ。喜ばしい反面、約140点もの作品が収蔵庫から消えても果たして企画展は開催できるのか? 学芸員はパニック状態です。 そこで、3名の学芸員が過去に企画した展覧会を振り返り、収蔵品の中からそれぞ...
【4/20-25】特別展 鑑真和上と戒律のあゆみ
芸術
[京都] 京都国立博物館

【4/20-25】特別展 鑑真和上と戒律のあゆみ

★2021-04-20(火)〜2021-04-25(日)
鑑真(がんじん 688~763)は、中国・唐時代の高僧で、律の大家として尊敬を集めました。 しかし、日本での戒律の整備を目指していた聖武天皇の意を受けた日本僧・栄叡(ようえい)、普照(ふしょう)より懇請され、その地位をなげうち、五度の日本への渡航失敗と失明をものともせず、天平勝宝5年(753...
【4/21-25】『樹々のある風景』
芸術
[兵庫] 三木美術館

【4/21-25】『樹々のある風景』

★2021-04-21(水)〜2021-04-25(日)
樹々の表情、溢れる生命力を描いた安井曾太郎や梅原龍三郎をはじめとした 近代の画家達の作品をご紹介します。 陶磁器では、中国由来の技法をもとに生まれた作品をご紹介します。 鉄釉陶器の清水卯一や石黒宗麿、三彩の加藤卓男、青磁の中島宏など、 人間国宝の作品を中心にご覧いただけます。
【4/20-25】古代エジプト展 天地創造の神話
芸術
[京都] 京都市美術館

【4/20-25】古代エジプト展 天地創造の神話

★2021-04-20(火)〜2021-04-25(日)
ロンドンの大英博物館、パリのルーブル美術館などと並ぶ世界有数の総合博物館、ベルリン国立博物館群のエジプト博物館のコレクションの中から選りすぐりの約130点を展示します。 古代エジプト人が信じた「天地創造と終焉の物語」をテーマに、「天地創造と神々の世界」「ファラオと宇宙の秩序」「死後の審判」の3章構...
【4/20-25】ピピロッティ・リスト:Your Eye Is My Island
芸術
[京都] 京都国立近代美術館

【4/20-25】ピピロッティ・リスト:Your Eye Is My Island

★2021-04-20(火)〜2021-04-25(日)
スイスを拠点に国際的に活躍する現代アーティスト、ピピロッティ・リスト(1962—)の回顧展を開催します。五感を刺激する心地よい音楽と、鮮やかに彩られた世界をユーモアたっぷりに切り取った映像によるヴィデオ・インスタレーションは、国を越えて幅広い世代の観客を魅了してきました。 本展は、身体、女性、自然...
【4/20-25】『おしいれのぼうけん』展
芸術
[東京] ちひろ美術館・東京

【4/20-25】『おしいれのぼうけん』展

★2021-04-20(火)〜2021-04-25(日)
絵本『おしいれのぼうけん』は、作家と画家と編集者が三位一体で取り組んだ意欲作で、1974年の刊行以来230万部を超えるミリオンセラーとなり、今なお子どもたちからの絶大な人気を誇っています。本展では、2020年に89歳で亡くなった田畑精一の画業を偲び、『おしいれのぼうけん』の絵本原画のほか、日・中・韓...
【4/20-25】春の江戸絵画まつり
芸術
[東京] 府中市美術館

【4/20-25】春の江戸絵画まつり

★2021-04-20(火)〜2021-04-25(日)
 深く静かな趣をたたえる自然の中の情景、飄逸で洒脱な俳画、そして、どう見ても気色の悪い、いわば苦みを発散する人物画。そのどれもが、与謝蕪村(1716─83)が到達した晩年の画境です。とりわけ自然の情景を描いた作品が絶賛される蕪村ですが、さまざまな作品を見渡せば、個性と深みと面白みにあふれ、まるで絵画...
【4/20-25】ミケル・バルセロ展
芸術
[大阪] 国立国際美術館

【4/20-25】ミケル・バルセロ展

★2021-04-20(火)〜2021-04-25(日)
スペイン現代美術界の巨匠ミケル・バルセロ(1957-)の、日本初となる大規模個展を開催します。地中海の光と影。マジョルカ島の海とアフリカの大地。バルセロは自然が育み、自然から限りなく豊かな着想を得ている稀有な才能の持ち主です。 1982年、現代美術の国際展として名高い、カッセルの「ドクメンタ7...
【4/20-25】植松奎二 みえないものへ、触れる方法 - 直観
芸術
[兵庫] 芦屋市立美術博物館

【4/20-25】植松奎二 みえないものへ、触れる方法 - 直観

★2021-04-20(火)〜2021-04-25(日)
植松奎二(1947-)は、作品を発表しはじめた1969年より現在にいたるまで、彫刻、インスタレーション、写真、映像、パフォーマンスなど、多岐にわたる活動により、一貫して重力、引力といった見えない力の法則から世界の構造・存在・関係をよりあらわにしてきました。自身の身体を用いた空間の存在把握や、人と物体...
【4/22-27】クールベと海 展
芸術
[東京] パナソニック汐留ミュージアム

【4/22-27】クールベと海 展

★2021-04-22(木)〜2021-04-27(火)
19世紀フランスを代表するレアリスムの巨匠ギュスターヴ・クールベ(1819−1877)。あるがままの現実を描くことで、既存の政治や美術制度に敵対的な態度を表明した一方で、故郷フランシュ=コンテ地方の大自然や動物、22歳の時に初めて目にしたノルマンディーの海を繰り返し描き、その鋭い洞察力や高い技術力が...
「美人画と人形 —浪漫美人画と人間国宝の人形—」
芸術
[神奈川] 人間国宝美術館

「美人画と人形 —浪漫美人画と人間国宝の人形—」

★2020-11-01(日)〜2021-04-30(金)
今回の「美人画と人形展」では、当館所蔵品の中から近代の美人画と人間国宝作家の人形を中心に紹介いたします。 美しいものや人を賞玩したいという気持ちはいつの時代も絶えることがありません。 失われゆく江戸風俗への郷愁であろうか大正から昭和にかけて好んで描かれた美人画と、それまで玩具に過ぎなかっ...
【4/27-5/5】Curators in Panic
芸術
[兵庫] 横尾忠則現代美術館

【4/27-5/5】Curators in Panic

★2021-04-27(火)〜2021-05-05(水)
2021年から2022年にかけて国内外で開催予定の横尾忠則の大規模な個展に、当館の横尾作品も引っ張りだこ。喜ばしい反面、約140点もの作品が収蔵庫から消えても果たして企画展は開催できるのか? 学芸員はパニック状態です。 そこで、3名の学芸員が過去に企画した展覧会を振り返り、収蔵品の中からそれぞ...
【4/27-5/5】特別展 鑑真和上と戒律のあゆみ
芸術
[京都] 京都国立博物館

【4/27-5/5】特別展 鑑真和上と戒律のあゆみ

★2021-04-27(火)〜2021-05-05(水)
鑑真(がんじん 688~763)は、中国・唐時代の高僧で、律の大家として尊敬を集めました。 しかし、日本での戒律の整備を目指していた聖武天皇の意を受けた日本僧・栄叡(ようえい)、普照(ふしょう)より懇請され、その地位をなげうち、五度の日本への渡航失敗と失明をものともせず、天平勝宝5年(753)、6...
【4/28-5/5】『樹々のある風景』
芸術
[兵庫] 三木美術館

【4/28-5/5】『樹々のある風景』

★2021-04-28(水)〜2021-05-05(水)
樹々の表情、溢れる生命力を描いた安井曾太郎や梅原龍三郎をはじめとした 近代の画家達の作品をご紹介します。 陶磁器では、中国由来の技法をもとに生まれた作品をご紹介します。 鉄釉陶器の清水卯一や石黒宗麿、三彩の加藤卓男、青磁の中島宏など、 人間国宝の作品を中心にご覧いただけます。
【4/27-5/5】古代エジプト展 天地創造の神話
芸術
[京都] 京都市美術館

【4/27-5/5】古代エジプト展 天地創造の神話

★2021-04-27(火)〜2021-05-05(水)
ロンドンの大英博物館、パリのルーブル美術館などと並ぶ世界有数の総合博物館、ベルリン国立博物館群のエジプト博物館のコレクションの中から選りすぐりの約130点を展示します。 古代エジプト人が信じた「天地創造と終焉の物語」をテーマに、「天地創造と神々の世界」「ファラオと宇宙の秩序」「死後の審判」の3章構...

※開催期間中でもお休みの場合がありますので、事前にイベントの詳細をご確認ください。

Ad

全国のイベント情報を検索!

★イベントを探したい日付をクリックしてください!

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
PAGE TOP