赤瀬川原平展

※情報は変更等がございますので、お出かけ前に必ず公式サイトなどでご確認ください

★開催日・期間
2014年10月28日(火)〜2014年12月23日(火)
★開催場所・会場
千葉市美術館(千葉県千葉市中央区中央3-10-8)
赤瀬川原平展
終了芸術・デザイン

「ネオ・ダダ」「ハイレッド・センター」に参加し、めまぐるしく変転する60年代前衛の最前線を駆け抜けた作家赤瀬川原平 (1937− )。千円札裁判を闘っていた60年代末より漫画・イラストの世界に足を踏み入れ、『櫻画報』等を発表。80年代以降は、文筆業のかたわら、「トマソン」「路上観察学会」「ライカ同盟」など、路上観察の活動をおこないます。本展は赤瀬川の50年を超える歩みを回顧し、前衛芸術の枠内には収まりきれないこの作家の多彩な魅力を探ります。

出典 www.ccma-net.jp

開催地 千葉市美術館(千葉県千葉市中央区中央3-10-8)
開催期間 2014年10月28日(火)〜2014年12月23日(火)
ホームページ http://www.ccma-net.jp/exhibition_02.html

情報更新日:14/03/31

赤瀬川 原平(あかせがわ げんぺい、1937年3月27日 - )は、日本の前衛美術家、随筆家、作家。本名、赤瀬川克彦。純文学作家としては尾辻 克彦(おつじ かつひこ)というペンネームがある。神奈川県横浜市中区本牧町生まれ。愛知県立旭丘高等学校美術科卒業。武蔵野美術学校(現武蔵野美術大学)油絵学科中退。

兄は直木賞作家の赤瀬川隼。姉の赤瀬川晴子は帽子作家。また、外交官の西春彦は父のいとこにあたる。姪(隼の長女)は『人麻呂の暗号』の著者である藤村由加の一人。

2006年4月より、武蔵野美術大学日本画学科の客員教授を務めている。

経歴

生い立ち

父親は鹿児島県出身で倉庫会社勤務のサラリーマン。「赤瀬川骨茶」という俳号で俳句も詠んだ。母親は東京府出身。原平は6人兄弟姉妹の下から2番目

...

「赤瀬川原平」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』
2014年2月27日16:45 UTC
http://ja.wikipedia.org/wiki/赤瀬川原平

千葉の1ヶ月以内に開催されるイベント情報

イベント一覧
Ad

千葉のイベント情報を検索!

★イベントを探したい日付をクリックしてください!

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
PAGE TOP